赤ちゃんの家での事故・・・。小さなものを飲み込んで窒息、小さな隙間に頭を挟む、タバコを食べてしまう・・・。大人は十分に気をつけましょう!

小児科クリニックには、血相を変えて幼い子供を連れてくる親がいます。

 

赤ちゃんや小さい子供って、手当たり次第に何でも口にいれてしまう傾向がありますよね。

 

タバコを食べてしまった。
ボタン電池を飲み込んでしまった。
祖父母の飲んでいる血圧の薬を飲んでしまった。
化粧品を食べてしまった。
洗剤を飲んでしまった。

 

そういった一歩まちがえたら死に至るような事故って結構多いんですよね( ;´Д`)

 

幼い子供って、親が予想しないような行動をします。

 

寝返りやハイハイをするようになると、手当たり次第手の届いた物を口に入れてしまいますよね。

 

間違って飲み込んでしまって窒息してしまうことだってあります。

 

また、高いところに登って転落してしまえば、骨折など怪我をしてしまうこともあります。

 

ニュースでベランダから転落して死亡するなど痛ましい事故もありますよね(。-_-。)

 

静かに遊んでいると思えば、小さな隙間に頭を入れてしまい抜け出す事が出来なくなっていたり…。

 

幼い子供は、危険が理解出来ません。

 

命に関わる危険があるということが分からず、親が予想もしないような行動を取るんですよね。

 

誤ってタバコや薬品を飲み込んでしまえば、一命は取り留めても、肝機能に後遺症が残ってしまったり、とんでもない事態が起こりかねないんです(;´Д`A

 

幼い子供の死亡原因に多い『不慮の事故』には、そういった事故での死亡も含まれています。

 

 

万が一、飲み込んではならない物を飲み込んでしまうと胃洗浄を行わなくてはなりません。

 

しかし、これがまたとても苦しそうなんですよね。

 

 

幼い子供の死亡原因に多い『不慮の事故』には、そういった事故での死亡も含まれています。

 

愛する可愛いい我が子を元気に健やかに育てるためにも、親は子供を危険から守ってあげなくてはなりませんね。

 

ちょっと目を離した隙に…。
ちょっとした気の緩みで…。

 

そんな事で大事な我が子が苦しい思いをしたり、命を失う事のないよう大人は十分に気をつけてあげはくてはなりませんね(´・Д・)」