院内保育園でのトラブルが多くて悩みます

最近では、院内保育園が設置されている病院が、とても増えてきました。
ママさんナースにとっては、とても働きやすい環境となり、
利用する人も、かなり増えてきている傾向にあります。
その為、子供の数に比べて、保育士の数がギリギリだという院内保育園も少なくないようです。

 

保育士の数が足りない為に、院内保育園を覗いてみると、
保育士がバタバタと走り回っている、という場合もあります。
さらに、保育士の数が足りない、という事は、なかなか子供に目が行き届かない、という事にもなります。

 

沢山の子供が生活している院内保育園では、大きな子供も小さな子供もいます。
大きな子供の中に、小さな子供がいる状態の場合、ケガやトラブルが、とても心配になります。

 

院内保育園は、24時間子供を預ける事ができ、残業や夜勤の時にも利用ができるので、とても助かります。

 

しかし、保育士が少なく、子供に目が届かないようであれば、
安心して子供を預ける事ができません。

 

毎日ヒヤヒヤして子供を預けている状態では、仕事に集中する事もできません。

 

院内保育園が設置されていても、安心して子供を預ける事が出来ないのであれば、
民間の保育園の利用を検討したほうがいいのかもしれません。